求人情報サイト「目指せ!接客の達人!」

求人に多い職種

バイトを始めたい、とりあえず収入が欲しい、そういった方はまず求人情報を探すと思います。この職種で働きたいんだという強い希望を持っている人は別として、まだ働くこと事態にあまり慣れていない人なら、どんな職種やそんな職場があるのか、といったリサーチも含めて多くの求人を見ることでしょう。
フリーペーパーや、インターネットのサイトで求人案内を見て気づくことがあると思います。募集の多いのは、圧倒的に販売職や接客の仕事なんですね。フードのお仕事とかショップのお仕事との特集が多いです。さらに言うなら営業の仕事も求人が多いのです。この職種の共通点は人と接することがメインの仕事ということです。

なぜ人に接する職種の求人が多いのかというと、この職種を正社員のみで配置してしまうと、コスト高になるといったことが挙げられます。客層、販売する商品とその価格、その他の経費を考えると、とてつもなく売上を上げている店舗か、売れているもしくは売れる商品を扱っている業種でないと利益があがりません。存続自体が危ぶまれます。社会保険等の不要なアルバイトにになってもらった方が企業側にとってもメリットが多いわけです。
しかし、機械では補えない、人がするからこそ価値のあるサービスを提供している職場でありながら、その特性を理解できずに仕事に就いてしまい、上手く適応できずにやめてしまうケースが多いのも否めません。スタッフが少なくても、企業側はサービスをストップさせるのは難しいので、不十分な体制で営業を続けているのも一つの原因と言えるでしょう。しかし、接客は難しい仕事ではなく、むしろ、多くのことを学べる職種です。心構え次第で、自分自身の成長にもつながるし、企業にも多大な利益をもたらすことが可能な職種なのです。

このページの先頭へ

バイトを始めるなら

求人では、アルバイトをはじめようと思った時に、どういった基準で選ぶでしょう。たいていの人が馴染みのあるものから始めたいと思うのではないでしょうか。身近に働いている人と同じ職種や同じ職場だったり、普段よく行く場所だったり、何かしらとっつきやすいものを選ぶと思います。右も左もわからないところに飛び込んで行く、という人も中にはいるかもしれませんけど、多くは馴染みのあるものから始める傾向にあると思います。
この馴染みのあるアルバイト先が、接客業以外ですと、常に求人募集をしているとは限りませんね。しかし、馴染みがあるものは接客業が多いのではないかと思います。つまり、馴染みのある職種で働こうと思うと、門戸が広いのは接客業だと言えるでしょう。

いくつかアルバイト先を変わることもあるかもしれませんが、接客で得られるものは多いですので、一度は経験することをおすすめします。接客業を経験していると、次に接客業を選択しやすくなります。そして、接客業は求人が多いので、よほどのことがない限り、職にあぶれることはないのです。
接客を逆に得意なものとしたらどうでしょうか。これは自分自身の成長につながるのはもちろん、仕事を探す上での強みになるでしょう。慣れてきてインセンティブのある業種へ変われば自分の収入も増えていきますし、接客以外の業種に就職したとしても、接客業で身に付けたものは必ず役に立つのです。高いレベルでの接客技術を身につけることは、大げさに言えば、人生の宝となるでしょう。

このページの先頭へ